about-huette

静かな宿駅に降り立つとあたりは静かで薄暗い森。
そこにポツンと小さな灯を見つけてホッとする。

そんな情景を想い建てた私たちの塩狩ヒュッテ。

かつての「天塩の国」と「石狩の国」の国境であることから名付けられた「塩狩峠」という地名。この峠は天塩川水系と石狩川水系の分水嶺でもあります。
ここには三浦綾子さんの小説「塩狩峠」で綴られた物語があり、かつては「塩狩温泉」で賑わった時代もありました。
「ここに再び明かりを灯したい」という想いから、私たちはこの土地に宿を作る計画を始めました。
そして2013年6月に夢の塩狩ヒュッテが完成。
せっかく旅人さんたちが来てくれるのに、普通の建物ではつまらない、と宿主が設計から手掛け、手造りの丸太小屋をにしました。建材には北海道雄武町産のトドマツの丸太を使っています。
すぐそばにJR宗谷本線「塩狩駅」。宿のすぐ横を汽車が走ります。
いつもは鳥や動物たちの声しか聞こえない森の中にある塩狩ヒュッテでは、ときどき通る汽車のゴトンゴトンという音と振動は心地よくさえあります。

街の喧騒から逃れ静かな自然の中に身を置きたい。そこに温かな灯があればもっとよい。

私たちが趣味の山登りをよくしていたころ、長い長い山道を歩き続け、ようやく山小屋の小さな灯を見つけたとき、心からホッとしたことを思い出します。
塩狩ヒュッテもそんな小さな明かりを灯し続けていければ、と思っています。

* 読書をされる大人の方は、一度「ユースホステルに託した夢 リヒャルト・シルマン伝」という本を読んでみて下さい。当館の看板ロゴには、共感と尊敬のおもいから、リヒャルト・シルマンさんの手書き文字を使わせて頂きました。(ドイツのご息女から提供して頂きました。)


マネージャー

DSC_2309

塩狩ヒュッテのマネージャー(ペアレント)夫婦

合田康代 Yasuyo GODA

Facebook : ○、Twitter : 未
大阪府河内長野市出身。京都女子大学 英文学科卒業後、生命保険会社にて営業員として勤務。その後、カナダのホテルにて1年間、宿泊業の実務経験を積む。2001年より大阪の輸入商社で貿易部門の責任者として活躍。2012年2月に和寒に移住。趣味は旅行とハイキング。子供が3人。

 

資格

  • 食品衛生責任者
  • TOEIC 985点
  • ジュニア野菜ソムリエ
  • スキーJAS1級
  • 運転免許 (普通)

合田俊幸 Toshiyuki GODA

Facebook : ○、Twitter : ○

電子メール:toshiyukig@hotmail.com
携帯電話:090-8375-3481

1975年4月22日地元和寒町(わっさむちょう)生まれ。名寄工業高等学校と日本工業大学で建築を専攻。初就職は1998年スウェーデン企業の東京オフィス(ネットワーク機器メーカー、国外との共通語が英語)。2002年カナダに渡りログハウスメーカで活躍(コンピュータエンジニア・セールスプロモーション)。2003年より大阪の商社(電気部品)で営業員として活躍。2012年2月和寒移住。塩狩ヒュッテを建築。趣味は国内外の登山、DIY。

おもい
人と人が行き交い、夢を育み、新たな気持ちで旅立って欲しい。そういう場を提供したい。/2009年7月4日(土)

* 塩狩温泉跡地でログハウスを建てる短期スクールを開催したい。

資格

  •  北海道アウトドア講習
  •  第一種銃猟
  •  猟銃所持
  •  ユースホステルマネージャー養成講習(2009年11月)
  •  第2種電気工事士
  •  甲種防火管理、防災管理
  •  危険物乙4、消防設備士乙7
  •  4級アマチュア無線技士
  •  運転免許 (普通、大特、普自二)

経歴

職歴(直前10年間) 期間 勤務先・職務内容
2003(平成15)年7月1日から
2012(平成24)年1月31日まで
大阪府大阪市浪速区
営業員
2012(平成24)年8月10日から 北海道上川郡和寒町字塩狩503番地2
個人事業 塩狩ヒュッテ 事業主
住所歴
(直前10年間)
期間 住所
2003(平成15)年6月から 大阪府堺市北区百舌鳥梅北町
2005(平成17)年8月まで 大阪府堺市北区金岡町
2005(平成17)年8月から
2012(平成24)年2月2日まで
大阪府吹田市藤が丘町
2012(平成24)年2月3日から 北海道上川郡和寒町

今後の構想

和寒町にあるD51337に関してこういう構想はどうでしょうか。2017年は「D51337ファンクラブ」を発足し、和寒まで開通した11月15日には前照灯点灯、18年11月15日には汽笛吹鳴のイベントを実施、そして、2019年の開通120年の節目には、旧塩狩温泉跡地(塩狩ヴィレッジ)へトレーラーで移設、向きは南向き。さらに、動力はいずれにせよ南北120mを移動するように仕上げる。そして、小説塩狩峠を書いた三浦綾子さんが好んで泊まったという塩狩温泉の客室「松」を再現する。この5段階のいずれにもクラウドファンディングを活用する。/2017年1月14日